和式便座は便秘に効果的だった? ボルチモア編 vol.11 Natural Products Expo East 2012

車で道を間違えて迷い込んだ場所に思いもかけないおしゃれな建物発見。消防用アイテムの倉庫かなにか?ボルチモアはレンガ造りの古い建造物が多く歴史の深さを感じることができます。またNYとも違う静けさと寂れ感があり、なかなかユニークな街です。そんなところで毎年開かれるNatural Products Expo Eastですが、そのなかでひときわ目を引いたユニークなアイテムを発見しちゃいました。

椅子?肘掛け?テーブル?それとも踏み台かなにか?と思ってしまいますが、さてなんだと思いますか?木製とプラスティック製があります。フード、ドリンク、サプリ、コスメが圧倒的シェアを占めるこのエキスポで、いきなり木の物体。。。かなりユニーク。そしてこの使い方はさらにユニーク。この物体、使用する場所はトイレ。名前は「スクワッティー・ポティー/ Squatty Potty :)」。ハッピーコロン、ハッピーライフというサブタイトルが付いているこの商品、なんと便座に座る際の足置きなのです。

「便秘や体調不良の原因はトイレでの座り方にある」という考え方から開発された製品。イラストにあるように、体を35度の角度に曲げるのがパーフェクトだそうです。でもこれって、日本の和式トイレと同じでは?つまり昔からよく言う、「う○こ座り」ですよねぇ。メーカーの方に、「日本は昔からこの角度だよ。和式トイレって知ってる?」と聞くと、「知ってるよ〜!便秘や腸内をきれいにするのはこの角度が一番いいってことがリサーチでわかったの。日本の和式トイレはパーフェクト、でも後ろに支えがないと体重がかかって膝が痛むし、アメリカ人は太っている人が多いから自分の体を支えられないじゃない?だから洋式便器に和式スタイルを取り込むのが一番いいのよ〜。」と説明してくださいました。これ、なかなか面白い発想だと思いませんか?日本の高齢者の方で、和式のほうが体調良かったのに、、という人いるかもしれません。それはあながち気のせいでもなさそう。洋式にこの台をつけるだけで和式と同じ姿勢を保てるこのアイテム、ユニークでとても印象的でした。