[昭和レトロ巡りvol.4] 昭和46年創業の純喫茶のエース級優等生。元祖のりトーストをついに食す。珈琲専門店 エースin 神田・東京

とうとう噂の珈琲専門店「エース」に来る日がやってきました!45年も続く珈琲専門店の純喫茶ですが、お店で提供している珈琲の種類たるやなんと40種類以上、ブレンド、シングルオリジンから、オリジナル珈琲ドリンクまで珈琲にまつわるドリンクはなんでも揃っています!そして、ここの名物はなんといっても元祖のりトースト(170円)。珈琲専門店「エース」に行ったら注目してほしいポイントを私なりにまとめました。

 

注目ポイントその1は、まずはお店の外から!見て下さい、この美しい看板の文字!

文字と文字のスペースの使い方、バランス、しっかり残る手描き感、これはPCのフォントでは手に入らない宝物ですね。入る前からこの整然とした文字達に虜になってしまいました。この純喫茶は間違いなさそう。

店内にもあらゆるところに文字が溢れているんですが、それがまるでお店の歴史を刻んでいるかのように、空間と一体化して、もはやデザインのように見えてくる。

古いけど、とっても綺麗で清潔。店員さんやバリスタのハイウエストのシャツ&スラックス(?)も紳士的で一線を保っているのが素晴らしい。カウンターには、4台のサイフォンが見えます。このあたりはネルが多いけど、サイフォンで淹れているんですね。

注目ポイントその2、ブレンドコーヒーは午前中のみお替わり自由!モーニングAセット(500円)は、のりトーストとブレンドコーヒーのセット。ということは、500円の中にお替わり自由もついちゃってる。

淹れたての熱〜いコーヒー。頼んですぐ出てくるのも嬉しい。コーヒー好きの常連さんを満足させてる安定の味。コーヒーが美味しい昭和の喫茶店に入った時ほど、日本のコーヒー文化の完成度を実感する瞬間はないです。でもサイフォンのコーヒーって、でてきた瞬間て火傷するくらい熱いときありますね。この美味しいコーヒーがモーニング頼んでお替わり自由なのは素晴らしいです。

 

注目ポイントその3は噂の元祖のりトースト!! こちらがAセットです。

運ばれて来たときは一見、普通のトーストに見えますが、、、

しかーし!中はこんなことになってる、、、

ただ海苔挟んだだけ?って思うかもしれませんが、そうでもない。パンのキツネ色の焼き色、もともと薄めの食パンがバターでさらにしっとりフニャっとした絶妙なソフト感、そこに海苔がサンドされると、磯部焼きを食べてるのか、のり弁を食べているのか、新しいような懐かしいような不思議な感覚に陥ります。

机の上に旗がありました(笑)SNS仕様??

一個食べちゃったけど、4つで1セット。サクサクふにゃふにゃ、和と洋を一度に味わえる実はとっても贅沢なトースト。

そしてまだまだある注目ポイント4!!それがこちらでーす!

電電公社の黒電話!!!! プッシュ式と連動しているものの、まだ使用しているそうです。

冷蔵庫の上にぽつんと置かれた黒電話に目が釘付けになりました。

究極の昭和レトロです。 他にも面白いメニューが壁にありました。
世界の味コーヒーバリエーション!
★アメリカ・ジャマイカンマジック→ラム酒にホイップクリーム入り、シナモンシュガー付き
★アメリカ・インザブロードウェイ→バーボンウイスキー入りのアメリカンタイプの軽い味
★スペイン・ポンチェデカフェコンレーチェ→ミルクコーヒーの中にシェリー酒入り、ホイップクリームの上にミルク入りなどなど、、、、そんなのがズラーッと14種類

お店の名前どおり、コーヒー専門店のエースです!!