レアンドロ・エルリッヒの日本初の個展、開催中です@金沢21世紀美術館 my kanazawa vol.20

金沢取材で恋に落ちたものはたくさんありましたが、そのひとつが前にもブログで書いた金沢21世紀美術館。写真の「スイミングプール」は、恒久展示の中のひとつでこの美術館のシンボルとも言える作品です。また、「フリーエターナルサマー」というアニメに登場したことで、アニメファンの聖地巡礼スポットになっているらしいですよ。作家はアルゼンチン出身のレアンドロ・エルリッヒ。彼の日本初の個展が現在開催中です!

 

Read more »

三大交響曲を30歳の天才指揮者・川瀬賢太郎さん×読響で聴く幸せな夏休み@サントリーホール

夏のサントリーホールへ行ってきました!読響サマーフェスティバル2014「三大交響曲」。演目は、シューベルト:交響曲第7番ロ短調D759「未完成」、ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」、ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調作品95「新世界から」というクラシック入門者にとって、非常に嬉しいプログラムです。しかも指揮は、若手で大注目の川瀬賢太郎さん。1984年生まれとはなんてこと!!!たまの夏休みの過ごし方。幸せです。

 

Read more »

雑誌「自遊人」別冊 金沢、発売中です! Jiyujin Selection Kanazawa

 

来年北陸新幹線が開通する金沢の特集本が、雑誌「自遊人」の別冊で8月8日に発売になりました。

「茶の湯」「兼六園の歩き方」「21世紀美術館」「和菓子」「大樋焼」「懐石」「小松弥助」「福光屋」のほか、素敵な町家バーやカフェ、ニューオープンのコーヒーショップなどなど、取材・文を担当しています。

ガイドブックでは物足りない人、もう少し深く金沢を知りたい人、金沢に住みたいなぁと思っている人は是非。写真を眺めるだけでも素敵な本で、多くのページは滋賀在住の写真家・宮田清彦さんが担当されています。全国の書店で発売中です!

Read more »

三谷幸喜氏作&演出のコメディーリバイバル「君となら」2014年版@パルコ劇場 -theatre review vol.1-

 

数年ぶりに日本で観劇しました。パルコ劇場にて、2014年8月9日に初日を迎えた三谷幸喜氏書き下ろし&演出の舞台「君となら」。父親より年上の彼氏を両親に紹介するのに、3重にも4重にも嘘を塗り重ねていく、、、というコメ ディです。竹内結子さんは初舞台。ストーリーの波にしなやかにさらっと入って、感情を自在に動かせる天才肌の素晴らしい芝居を拝見できました。それから、草刈正雄さんが良いです。三谷作品の独特の世界観を楽しめるし、夏休みに思い切り笑いたい人にオススメで す!9月15日まで渋谷・パルコ劇場でやってるので是非。その後は、名古屋もあります。ちなみに、初演は95年、再演は97年で今回は3回目の上演です。前回2回のキャストは、斉藤由貴さん、角野卓造さん、佐藤慶さんというから、それはまた違ったカラーでとても魅力的な舞台だったんだろうなぁ。

今後も日本で観劇ちょこちょこ再開しようと思います。

Read more »

川越地元散策 vol.47 うなぎの老舗が多い川越で一番はどこ? @小川菊

川越はうなぎ屋さんがいっぱいです。デンマーク人の友が、生まれてから一度もうなぎを食べた事がない!というので、この日はうなぎ屋さんへ。どうせなら自信を持ってオススメできるところで初体験してほしい!ということで、地元の仲間の間で一番評判の良い「小川菊」にご案内しました。ここは、江戸時代から続く老舗で現在7代目。果たして友は、生まれてはじめてのうなぎを好きになってくれるでしょうか!?

 

Read more »