恵比寿の「マルシェ・ジャポン」に行ってきました。 Marche Japon @ Ebisu

日本でファーマーズマーケットに行ったことがなかったので、恵比寿のマルシェ・ジャポンに行ってみました。LAで毎週日曜に通ってたハリウッドファーマーズマーケットは多いときは8000人以上ものお客さんが買いにくるので、そのイメージが強くて、恵比寿のあまりの人のまばらさにちょっとショックでした。雨降りそうだったからかも。、、、都会はもっと盛んなのかと思ってましたが、こういうのはこれからですかね。ちょっとだけレポします。

 

こちらは、JASのオーガニック認証をしっかり取得している農家「ナチュラルシード」です。ウェブサイトによると、「食」というものは単にお腹を膨らますものではなく、体に必要な栄養素を補給するものであるという原点に立って、生産者とのネットワークを組み種子から取り組んで真の「安全・安心な農作物」を供給するために設立したそうです。

 

で、ここの農家が力を入れているのが、、、種!

種、売ってました。家庭菜園に最高の種です。ナチュラルシードは何も改良を加えてない種子を中心に、生産者と連携をとりながら、栄養ある美味しい作物を作っています。こちらは有機種子のニラ、ルッコラ、コリアンダー、ラディッシュ。日本の種子を守る団体として、世界とも活動しているそう。とても心強いです。しかも、種袋、レトロ感あっておしゃれじゃないですか?

 

こちらは、「究極の人参」という名のニンジン。3本500円の高級品です。茨城県の潮田農園で作っています。オーナーの潮田さんは、東京農業大学卒業後、究極の人参づくりに10年費やしたんだとか。水々しく、甘さの強いニンジンです。サラダにしたらドレッシングいらず。

 

こちらコンフィチュール(ジャムのフランス語)を販売しているのが、市ヶ谷にあるグランマンマ。Grand Mammaの商品は、すべて手作りで、保存料、着色、化学調味料は一切使っていません。砂糖、塩は、瓶詰めとしてある程度の期間を保存ができるように配慮した量にとどめ、素材そのものが持つ味を生かすことを心がけているそうです。アレルギーのある方にもいいですね。

 

 

こちらはSL鉄道の通る町から参加のお茶は佐京園です。ここでユニークだったのは、同じ畑で採れたお茶の葉で紅茶を作っているところ。お茶は甘くてとても優しい、良い味でした。

 

時間が限られていたので、全部をじっくり楽しめなかったけれど、もっともっと盛り上がりそうですね。久しぶりに楽しかったです!日本のファーマーズマーケット、これからいろいろ行きたいと思います!

マルシェ・ジャポンは不定期に全国で開催しています!

公式サイト→https://www.marche-japon.org/